シミ消し

トレチノインとハイドロキノンで美白上手になる!

40代主婦です。
30代後半くらいから、顔のシミが目立ち始めました。
ここ2〜3年で肌質も変わってきて、シミもどんどん皮膚の下から浮き出てくるようです。

 

昼間、明るいところでスッピンの自分を見ると、「とてもじゃないけれど、こんな顔では誰にも会えないな・・・」と思ってしまいます。
年をとったらシミが増えるのは分かっていたことだし、もっと早くから徹底的な紫外線対策をとっておけば良かったと、今になってものすごく後悔しています。

 

シミを取るにはどうしたら良いですか?
シミを消すにはレーザーしかないのでしょうか?

 

 

シミを消す方法として、良く聞くのがレーザーか美白化粧品ですよね。
私も同じ悩みを持っていました。
体質的にしみができやすく、35歳すぎたくらいから一気に濃く浮き上がってきました。

 

確かにできてしまったシミにはレーザーが手っ取り早そうですが、まだ小さく目立たない段階では美白化粧品かな?と思って美白化粧品をいろいろと試してみました。

 

私も色々対策をしてきましたが、やはり年齢と共に、小さなシミができてしまって、これ以上増やさない為にはどうしたら良いか?と対処法を探しました。
それで見つけたのが、できてしまった日焼け跡やシミ消しと同時に、これからシミを作らない為の予防的ケアです。

 

確かに紫外線対策には限界がありますよね。
いくら注意を払っても、アスファルトの照り返しや長時間の外出には限界がありますから。
春、夏、秋と紫外線は降り続けます。

 

 

出来てしまったシミを消すには、お金があるなら皮膚科でシミ取りレーザーもいいかもしれませんが、薄いソバカスには効果がないかもです。
そういう場合はトレチノイン&ハイドロキノンがおすすめですよ!

 

トレチノイン配合クリームを調べてみました。(楽天で探しました)

 

ハイドロキノンとトレチノインのお得な2点セットキノンクリーム5%・トレチノイン 2点セット 【...

 

トレチノインよりナノカプセルのハイドロキノンクリームでプラスキレイ!!気になるポイントを集...

 

 

【トレチノイン治療の実際】 文献から抜粋
 実際には難しいが、レチノイン酸を最適量投与することが非常に重要である。レチノイン酸の場合、使用することにより皮膚の反応が弱くなる、いわば耐性toleranceを獲得するため、その皮膚の部位、治療状態に応じて迅速に濃度を変更することを要求される場合も多い。そのため、特に治療初期においては頻繁に(毎週)診察することが求められる。

 

【治療の適応】
 ほとんどあらゆる色素沈着が治療の対象となりうる。とくに色素の強いものに有効である。自然消退が期待できるものの炎症を伴う強い治療により炎症後色素沈着を誘発する可能性があるため、非常に弱い色素沈着に対しては副作用の少ないマイルドな治療を行うことが望ましい。

 

http://www.cosmetic-medicine.jp/tre-hq/index.html
東京大学の方式が有名なのでHPを調べました。

 

 

この方法の最大の注意点は日焼け止めをがっつりと塗ること!
そうしないと肌が炎症して赤みがずっと消えなかったり、逆にシミが濃くなってしまうこともあるようです。
効き目があるだけにおすすめはしたいのですが、アレルギーの人や敏感肌の人は注意が必要です。強力なので様子を見ながら使用しなければなりません。
使い始めて一週間くらいは、乾燥がすごく気になり、ヒリヒリしてました、という口コミがありました。
いきなり通販で購入して使用するのは、ちょっとコワいですね。

 

トレチノイン治療は効果が期待できる反面、炎症を伴う強い治療なので、皮膚科で頻繁に治療を受ける方が安全のようです。
市販のクリームは効果を上げるための使い方がむずかしいかもしれません。

 

でも、皮膚科に通うのも大変だし、何とか自宅でシミを消したかったので、いろいろとハイドロキノン配合のコスメを試してみました。

 

そこで、実際に使ってみて、これはかなり効果があると実感したものがこちらです。
年齢と共に肌がくすんでいましたが、ハイドロキノンのおかげで顔全体が明るくなったのがうれしかったです。

 

おすすめのハイドロキノン配合の美白コスメは2つあります。
まず、ビーグレン

 

次にアンプルール

 

 

特にビーグレンはナノサイズの浸透テクノロジーで、肌の奥まで入っていく感じがしました。